サラ金といったような高い借入金利ならば

任意整理という言葉は一般的に債務整理と言われ各貸方に返済を続けていくことを前置きとした債務の整理の方法なのです。

実際としての流れですが司法書士有資格者または弁護士事務所貸方と債務者の仲介をして話し合い、利息を定めている法律に従って利息の再考慮をしてからもう一度計算した元金に対する年利を下げることで36か月ほどの期日で返済を行う借金整理手順です。

この手続きの場合には簡易裁判所といった機関が処理することはないのでこれとは異なる手続きと比較した場合手続きを行ったときのリスクが一番小さく、方策そのものが依頼者にとって頭の痛い問題になりませんので、真っ先に比較検討しなければならないやり方になります。

サラ金といったような高い借入金利ならば、利息を制限した法律が許す金利をゆうに超えて返した利息においては借りたお金の元金に充当すると判断し元金そのものを少なくしてしまうこともできてしまいます。

だから、サラリーマン金融といった高額な借入金利のところへ長い期間返し続けている例ではけっこうな利息分をカットできることもありますし10年くらい返済してきたケースだと負債自体が償却される可能性もあります。

債務の整理の有利な点は、自己破産と異なり一部分の借金だけを処理していくことができるため他に連帯保証人が関係している借入金を除いて検討する時や住宅ローンの分を除き整理をしたい場合等においても用いることも可能になりますし築き上げてきた資産を手放してしまう必要がありませんので、マイカーや有価証券資産を保有していて処分したくない状況においても有効な債務整理の手順といえるでしょう。

いっぽう、手順を踏んでから返済が必要となる額と実際として可能な給与等の収入をかんがみて返済の計画が立つようである場合はこの手続きを進めることが可能ですが自己破産手続きと違って負債そのものがなくなってしまうというわけではありませんので借りている金額がかなりになる場合においては、実際的には任意整理による手続きを実行するのは困難だと考えるのが無難でしょう。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.openeastafrica.com All Rights Reserved.