最低でも六ヶ月以上そのクレジット

クレジットカードを機能停止するということだけならば全くもって簡単なものですが無効化するに際して見ておきたい事柄を理解しておくだけで、カードの無効化の作業をトラブルなしに実行することがたやすくなるに違いありません。

実際に注意する点を執筆まとめました故余裕があれば気をつけて下さい。

カード会社登録を終えた後にすぐに使用取りやめは御法度⇒カード発行したすぐ後即手に入れたクレジットカードを解約してしまうと信頼できない人間というように取り扱い会社において認識されてしまうアクシデントが起こり得ます(あまりあることではないですが何度も手続き→機能停止するということをしてしまったケース)。

特筆すべきは入会特典の獲得が目的であるカード発行の場合にはプリペイドカードあるいはポイントというような申請した時の特典を全て手に入れた瞬間即契約破棄の手続きを行いたくなってしまう思いももっともです。

とは言えクレジット取扱会社から見た観点において考えればそういった契約者にもう決して自社によるクレジットカードを使って欲しくないというように評価するくらいのことがあっても不自然ではありません。

なので、もし契約時の特別待遇だけを目当てにクレジットカードなどを登録したとしてもすぐに解約しないで最小でも180日、登録後365日が経過するまではそのクレジットカード自体を所持し続けてその後解約するということを推奨させて頂きます。

また入会時のサービス・ポイントということに限ったことではなく、何となく登録して手に入れてはみたけれども使いづらいので早く契約を解除したい・・・という時、最低でも六ヶ月以上そのクレジットを保有し続けて欲しい。

クレジットカードの使用者の方で考えるよりもクレジットという代物を一から用意するためのマージンというものは発生するものだと理解してせめてもの楽をさせてあげようと思いやって余裕あるコミュニケーションを取って頂けるのなら良いと考えれます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.openeastafrica.com All Rights Reserved.